アカムツの生態
スズキ目 Perciformes
亜目 スズキ亜目 Percoidei
ホタルジャコ科 Acropomatidae
アカムツ属 Doederleinia
アカムツ D. berycoides
学名 Doederleinia berycoides
(Hilgendorf, 1879)
英名 Rosy seabass


太平洋西部 日本から 東南アジア オーストラリアまでの 水深100-200 mに生息する などとされていますが、300mを超える水深でも 生息しています。  ノドグロなどの別名(のどの奥がクロい)でも 有名な高級魚の一つです。

背側の体色は赤紅色で、腹側は銀白色。 キンメダイのような目をもっています。写真の 最下段 左の魚が 「アカムツ」その→が 「キンメダイ」、同じ目をしています。

背鰭の先端などは 細く鋭い棘があります。 比較的大き目のウロコがついていますが、皮が 柔らかいのも 特徴です。

小魚、甲殻類、など を捕食しているようです。 釣りでは イカ・秋刀魚・サバ などを使います。 口の形や鋭い犬歯からフィッシュイーターの特徴が見られるので、ルアーでも狙えるでしょう。

釣り上げた アカムツから エビ・イカ・タコ などが 吐き出される時があります。 時期によって、捕食できるものは何でも食べているかもしれません。

釣り期は、遠州灘では、春から初夏に 伊豆半島周辺では 秋 というように 地域によって異なるようです。 

産卵は 遠州灘では 梅雨明けから夏にかけて と 考えられています。遠州灘の釣り期が 5月から8月くらい というのも 産卵のために群れて 釣りやすくなるためでしょう。

アカムツは 上質の脂が 非常に多く、 刺身、焼き物、煮物 様ざまな料理に合う高級魚で、高値で取引される為、 ほとんど 高級料亭などでしか お目にかかれません。 (遊漁船で釣りに行くほうが 安上がり です)

また 「幻のアカムツ」 といわれる地域もあるくらいで、場所によっては大変に貴重な魚になっています。 釣りにおける 尾数制限を 設けている地域もあります。


mail
Copyright(c) 2009  アマダイ釣りのホームページ All rights reserved.