アカムツ釣り の 道具 と 仕掛け を 紹介します。  アカムツ釣りの道具は、中深海の部類になります。概ね 水深150m前後 から 300m前後 の釣りです。
ロッド(釣り竿)


アカムツ釣り用のロッドは、 中深海ロッドと呼ばれ、[オモリ負荷表示」 が 80号から120号くらい のものが該当します。 実際のオモリは 150号〜300号 を使います。(場所や条件で違います) 

長さは 2.0m〜2.7m 前後が 使い勝手が良いでしょう。 口切れ・バレが 非常に多いアカムツには、ムーチングアクション系のロッドが 適していますが、 場所・潮の具合で 6:4調子 くらいの方が 扱いやすく 汎用性があります。
 
各地域の釣り方の違いなどもあり、市販のものでは 調子が合わない場合も多く 自作されたり、 オーダーメイドでカスタムロッドを作られる方も多いです。 アカムツ釣りは、口切れを防ぐ意味でも、材質そのものが柔らかく、反発の少ないグラスソリッド(=グラスの無垢) をお勧めします。

             自作ロッドをお考えの方は こちらを参考に・・・GO! 

リール


アカムツ釣り用のリールは、PEライン 6号〜8号前後を 最低500mくらい巻けるものがよく使われます。

小型のリールでも釣りはできますが、トラブルで タカギレ などした時、対応できます。

ダイワさん のリールなら、600番手〜1000番手シマノさん のリールなら4000番手 ミヤマエさんのリールなら4番手・5番手番手くらい

現場でよく見かけるのが ダイワさんの ハイパータナコン600番手 ブルシリーズの750番手・1000番手だどですが、ご自身のほかの釣りとの汎用性も考えて チョイスしてください。

クーラー



アカムツだけであれば、大きさ的にも 数的にいっても 大型クーラーは必要ありません。が 他の魚 たとえば オキメバルが 大量に釣れたり、大型クロムツ・アラなどが釣れたり、と なると 中型クーラー30L〜40Lクラス のものが よいでしょう。

港まで近距離であれば、少々 保冷力が弱くても 何とかなりますが、 遠距離の場合は、保冷力の強いクーラーをお勧めします。 大きさ と 保冷力 持ち運びなどの利便性を考えて 自分釣りに あっているものを選びましょう。


ロッドキーパー(竿受け)


ロッドキーパー(竿受け)は必要です。 第一精工のラーク または ダイワ=パワーホルダーが一般的です。
 
船の装着場所なども考えて 間違いのないロッドキーパーを選択してください
ロッドキーパー装着時には、クランプで 船に固定される わけですが、 何があるか わかりません。必ず尻手ロープをつけてください。

太目であれば ロープ でも何でもかまいません。
ちなみに筆者は 7mmくらいのロープ を使っています。 (ちなみに ホームセンターで購入しました)


仕掛け


アカムツ用の<胴付き仕掛け>になります。 針数は 深海釣りほど 多く入りません。状況で 3本から5本くらいが管理がしやすく 釣りやすい と思われますが、 あくまでも目安です。 釣具屋さん オリジナル仕掛けなど 市販品も数多くありますが、 簡単に作ることもできます。ご自身で製作される場合 こちら をご覧ください。 

 仕掛けバランスの目安として
針 数   3本〜5本 (くらい) 
幹 糸   10号〜12号 枝間 100cm〜140cm
ハリス   7号〜8号 50cm〜70cm
 針     ネムリバリ 16号〜18号
サルカン  パワーオヤコ(クレンオヤコ) 3×4前後 
       クロスビーズ など
捨て糸   8号〜10号 60cmから1m
 といった感じになります。                                                           参考仕掛け図は こちら   


道糸・仕掛けのヨリトリ


リールの仕様にあった 号数と メーター数を準備してください。 船からの指定する場合は合わせましょう。(お祭りの軽減の為に 船によっては指定している船もあります) 道糸の目安は PEライン 6号〜8号 で 400m〜500mあれば ほぼ大丈夫です。 

糸巻き量は 「釣り場の水深の最深部 × 2倍」くらいを 目安とされることをお勧めします。「高切れ」して、 ラインが足りなくなっては 釣りはできません。

道糸・仕掛けのヨリトリには、ナップ付き/ベアリング入りサルカン 6号位前後でよいでしょう。 クッションゴムを入れる 場合は、PEラインからの <スナップ付きベアリング入りサルカン>のすぐ下に 2.5mの50cm(くらい)を 入れます。


集魚灯
集魚灯は、魚種により、条件により その効果が変わってきます。
また「効果があるのは対象魚だけではない」 ということも、忘れてはなりません。 サメとかバラムツなどにも効果が出てしまいます。 よって、使い分けが必要となります。 釣り場の条件に適するタイプを選びましょう。


錘(オモリ)
浅場であれば150号〜200号 少し深めなら 200号〜300号になります。 ただし 潮の流れの具合などで 仕掛けが舞い上がってしまう様な時は 重めの錘を使います。 150号〜300号を 準備されることをお勧めします。


ナイフラジペンハサミ
ナイフは魚を〆るなどに使いますが、家庭用の包丁のような薄刃ではなく、 出刃包丁の様に 刃の厚いしっかりしたものでないと 刃が折れるなどして 揺れる船上では 危険です。 ラジペンは針をはずしたり、金具の変形を治したりに使います。 錆び難いステンレスのものが長持ちします。 ハサミは お祭りなどの時 糸を切ったり、毒魚の針を落としたり に使います。 指穴の大きな 植木バサミ や キッチンバサミ が重宝します。 また 仕掛けの管理だけなら事務用のハサミでも十分使えます。 いずれも 使用後はしっかり水洗いして、 油分をつけて手入れしましょう。



 
mail


Copyright(c) 2009  アカムツ釣りのホームページ All rights reserved.